けんちゃんの想い

2016年5月10日

・農業を始めたきっかけ

私が東京に住んでいる時に、働きすぎで体を壊したことがありました。そんな時、友人の作る無農薬野菜を食べる機会があり、口にした瞬間なんともいえぬ、野菜の香り、食感、味に感銘を受け、野菜たちのおかげで元気を取り戻しました。

そして元気な野菜を食べ続けるうちに、こんなおいしい野菜を自分で作れたら、どれだけ幸せだろうという想いが日に日に強くなっていきました。そんな矢先、偶然にも有機農業が盛んな宮崎県綾町を訪れる機会があり、一度行ったその日のうちにこの土地が気に入ってしまい、移住を決意しました。

移住後に畑を借り、大地を耕し、種をまき、苗を育て、毎日畑に訪れ、お世話をする。自分が丹精込めて子供のように育ててきた野菜やお米を収穫し、食べる瞬間の喜びは一塩です。

これはぜひ子供たちに食べてもらいたい、感動を共有したい。野菜の本当のおいしさ、野菜を育てる楽しさも伝えていきたいです。

・子どもたちへ

野菜は好きかな?

けんちゃん農園の野菜は、

自然の中でのびのびとお日様をたくさん浴びて育った元気な野菜だよ。

野菜がうれしいな~気持ちいいな~って思いながら育ってきた野菜だよ。

農薬を使わないで野菜を育てるから、畑には虫たちがいるよ。

畑には草花が茂っていて、草ボーボーの中に野菜が生えているよ。

収穫は草むらからの宝探しだよ。

のびのび育った、とれたての野菜はとってもおいしいよ。

・子どもたちの健やかな笑顔のために

けんちゃん農園は、本当においしいものを届けたいと思っている農家さんたちと共に、おいしい野菜とおいしい料理でみなさんの笑顔と健康の輪を広げていきます。そして、お母さんと子どもたちの笑顔が増えたら、たいへん嬉しいです。

けんちゃん(清水 健太郎)